• みんな集まれ
  • 英語を話そう
  • 縄跳び記録
  • 団からのお知らせ
  • BVS隊
  • CS隊
  • BS隊
  • VS隊
  • RS隊
  • 母の会
  • スカウトクラブ(OB会)
  • 団委員長の独り言
  • 面談記念
  • スカウト祭
  • スキー
  • 日本ジャンボリー
  • 世界ジャンボリー
  • 総会・式典
  • 地域活動の手伝い
  • 5ヶ団合同運動会
  1. 06月19日 22:40
    6月18日北消防署の見学

     6月18日は、総勢20名が、「みんなのためにはたらくひとたちのことがわかる」ということで、北消防局を見学しました。お話といろいろな車の見学、救急車に乗車体験、それと消火ホースを持って消防士気分がいっぱいでした。
  2. 06月19日 22:37
    いろんな車がいっぱい

     消防の車両を見学しました。化学消防車、救急車、梯子車、救助工作車などいっぱい見せてもらった。
  3. 06月19日 22:35
    消火ホースを持って消防士気分

     消火ホースを持ったぞ。重いよ。体を鍛えておかないといけないな。
  4. 06月19日 22:32
    「さつまいも」の世話も忘れません

    今日は、5月21日に植えた「さつまいも」の草取りをしました。あまり草はなかった。誰かが草取りしてくれているわ。水をやりました。元気に育ってね。
  5. 06月04日 22:10
    蛍の観察
    こんばんは。ビーバー隊副長の川辺です。

    昨日(6/3)の夜、ビーバー隊では蛍の観察の隊集会を行いましたので報告します。



    テーマは「豊中の自然について学ぶ」です。豊中市春日町のヒメボタル保護地区まで行ってきました。豊中市北部から吹田市にかけての地域は今から50-60年ほど前に開発された市街地で、それ以前は一面の竹林が広がっていました。今回観察したヒメボタルは、竹林に生息する陸生の蛍で、昔は豊中の至るところで見られたのですが、現在では春日町が豊中市内唯一の自然生息地となっています。ピークは過ぎてしまった感がありますが、ゲンジボタルやヘイケボタルなどとは趣の異なる、クリスマスのイルミネーションを彷彿とさせる光を楽しむことができました。

    以下、活動内容です。


    夕刻18:20に豊中駅人工広場に集合し、阪急バスにて春日町まで移動しました。夕刻のバスは帰宅の時間帯とも重なり混み合っており、スカウト達も座れないほどでしたが、保護者の方々のご協力もあり、他の乗客の皆さんの迷惑ならないよう、みんな行儀よく乗車できました。

    春日町のバス停から観察場所の間は歩道がない区間があり、車の通行に注意が必要でしたが、きれいに隊列を組んで移動することができました。途中、野畑図書館前の広場で蛍に関するクイズを行いました。注意事項の説明の後竹やぶに入り、蛍の観察開始です。観察を始めて10分を過ぎた頃、19時40分過ぎに最初の光を発見しました。その後暗さが増すとともに光の数は増え、20匹程度の瞬く光を観察することができました。下見の時に比べて若干光り始める時間が遅くなっていますが、まだ残っていました。また蛍を脅かさないように、みんな注意事項をよく守って観察してくれました。20時ごろには暗闇を舞う光を見れるまでになったのですが、残念ながら観察終了の時間です。もう少し見たいな、という気持ちを持ちながらバス停まで戻りました。スカウトのみんな、もう少し夜更かしできるまで大きくなったら、是非また見に来て下さい。

    住宅地に抜ける竹やぶの道は、距離は短いですが漆黒の闇です。持参した懐中電灯の光を頼りに、無事抜けることができました。バスに乗車し、予定通り20:45豊中駅で解散しました。帰りのバスの中では、今にも眠りに落ちそうなスカウトもいましたが、閉会儀礼までみんなよく頑張ってくれました。

    今回の隊集会をきっかけに、豊中の自然を守っていくためにはどうすればよいかについて改めてご家庭でも話し合って頂ければと思います。かぐや姫のモデルになったとも言われる竹林のヒメボタル。豊中の自然の象徴の一つでもある風物詩を今後も守って行ければと思います。

    ご参加頂いた皆さん、ご協力ありがとうございました。

    最後に蛍クイズです。蛍は世界中に何種類いるでしょうか? そのうち日本には何種類? 蛍はみんな光るの?

    蛍は皆さん知っているようで案外知らない昆虫です。ご興味があれば一度調べて見て下さい。ヒメボタルは今年はそろそろ終わりですが、これからはゲンジボタルのシーズンです。


  6. 05月28日 08:23
    ヒメボタル生息地の下見

    5月27日に6月3日の蛍観賞の下見に行ってきました。豊中市の唯一の生息地春日町です。19時40分、暗くなりかけるとあちこちから小さな光が輝き始めました。フラッシュ的な光です。20時頃には50匹ぐらいの蛍が光っていました。この状況を本番で見られたらいいかなと思いますが、これからは徐々に減少するとのことです。看板には20時〜22時が観賞の時間帯ですからもっと遅くまで観賞できます。でも、ビーバー隊は早く帰らないといけません。蛍の命は1週間。今日の蛍は来週はもういません。新しい蛍が出てくるのはいつまでか。5月30日と6月1日の2回様子を見ることにします。
  7. 05月26日 05:16
    伊藤乃々香隊員菊章

    菊章おめでとう。5月25日団面接を行いました。自分の意見をはっ
    きり説明し、ボーイスカウトにチャレンジする作文はすばらしかっ
    た。内賀嶋隊長、ありがとうございました。お母さん、おめでとう
    ございました。
  8. 05月23日 08:37
    5月21日ビーバー隊集会活動報告
    ビーバー隊長下村です。

    本日ビーバー隊は
    ・「自分達で作ったものを『飛ばして』遊ぶ」
    ・「手先を使う機会を与え、道具の使い方を知る」
    ・「仲良くみんなで遊ぶ」
    この3点を中心に【つくって わくわく】と題し隊集会を実施しました。

    プログラムに関しましては、大曽公園内で、工作コーナーを設置し、3つ、工作を行いそれらを使い、親子対抗ゲームを展開しました。

    1つ目の工作では、「ふわふわロケット」を作成しました。
    傘袋に空気を入れ、羽を付けて、手で持ち飛ばす、という簡単な物です。
    スカウトは傘袋に絵を描き入れ、色取り取りの「ふわふわロケット」が大曽公園内で飛び交いました。
    こちらを使い、ロープを丸くした的を利用し、的の中に上手く飛ばす、というゲームを親子対抗で行いました。
    風の影響もあり、なかなか上手く飛ばす事は難しいかったのですが、競争意識がスカウトの中で生まれ、ゲームとしてとても盛り上がりました。
    また、浜嶋団委員長がスカウトの応援団として盛り上げてくれた事も大きかったと思います。

    2つ目の工作物ですが、「ストロー紙飛行機」を作成しました。
    これは、古ハガキとストローで飛行機を作成し、それを輪ゴムと割り箸で作成した発射台から上に向かって飛ばす、というものです。
    スカウトは作成に手こずってはいましたが、完成すると作成までの苦労を飛行機と一緒に飛ばすように、楽しく遊んでいました。

    3つ目の工作物は「フライングディスク」を作成しました。
    紙皿2枚をホッチキス留めし、それらに絵を描き入れるという、これも簡単な物です。
    こちらも親子対抗でゲームを行い、予め用意していた的の中に紙皿を投げ入れ、的の中に入ればポイント、としました。
    ゲームとしては、接戦となり、白熱した投げ合いが行われました。こちらもとても楽しんでくれていた印象です。

    3つの工作を終え、川辺副長から「飛行機について」のお話がありました。
    先程まで作っていた物のお話という事もあり、とても興味深そうにスカウト達は聞いていました。

    最後は「交通カルタ」を行い、親子対抗ゲームを締めた後、無事隊集会を終えました。
    隊集会後、サツマイモの苗を白崎副長がお借りしている市民農園にてスカウト達は植え付けを行いました。
    隊としては秋の収穫までに、苗の成長をスカウトと共に見守りつつ、自然の恵みを知る機会になればと考えています。

    今回の隊集会全体を改めて振り返ると、野外での工作について、作った物をすぐにスケールの大きいフィールドで遊ぶ事が出来るという事は、スカウトにとってはとても新鮮で、面白い事なのだと感じました。
    また、工作という事で、体力的な負担も少なく、集中力を持ってプログラムに参加している姿は、今後の隊集会でも見せて欲しい、見せてもらえるよう努力しなければと思います。

    心配していた刃物(ハサミ)の取り扱いについても、事前に行った注意をしっかり守れていた事、また補助者、保護者が一緒に作成していたので、スカウトを見る目が多かった事もあり、自然な形で、工作を終えられたのでその後のゲームでの活発な動きに繋がったのではと思います。

    これらの事柄をまた、指導者間で共有し、スカウトがより一層活発に活動出来るよう繋げていければと思います。
  9. 05月23日 08:27
    5月21日隊集会「つくって わくわく」

    5月21日に大曽公園で隊集会を行いました。今日はなかまが少なかったけど、楽しかったぞ。自分で作ること。「飛ばして楽しむこと」が共通です。「ふわふわロケット」、「ストロー飛行機」、「フライングディスク」。それぞれに絵も描いたぞ。親子で対抗戦は楽しい。みんな頑張った。
    大曽公園の集会の他に、さつまいもの苗を自分たちで植えたよ。元気に育って大きなさつまいもになることを楽しみにしよう。
  10. 05月23日 08:21
    「ストロー飛行機」と「フライングディスク」

    ストロー飛行機は、難しかったかな。今日は、自分で作るんだよ。ゴムを使って、高く飛んだ、飛んだ。
    フライングディスクにも、自由な絵を描きました。絵が上手なお母さんもいた。さあ、的入れです。簡単だ!と思ったけど、意外に入りません。すぐ近くに的があるのにね。難しいもんです。
  11. 05月23日 08:17
    「交通かるた」と「さつまいもの植え付け」

    「交通かるた」も親子対決です。10枚のかるたを5人で争奪します。スカウトの勝ち!
    さつまいもの植え付けは、大曽公園からくらいかんの近くまで歩いたところの市民農園に行きました。白崎副長が借りている農園にさつまいもの苗を植えさせてもらいました。10月になったら大きなさつまいもができるよ。
  12. 05月16日 16:54
    2017年第44回合同運動会で優勝
    2017年第44回合同運動会で優勝。今年もやった
    ね。みんな頑張った。
  13. 05月16日 16:34
    第44回合同運動会は2連覇

    5月14日に合同運動会が開催された。2団は、総合優勝に2連覇。応援合戦4連覇。班旗立て競争にも優勝し、完全優勝を勝ち取った。うれしい。皆さんありがとう。

    準備をしたものに女神は微笑む。
    「そなえよつねに」を学ばなければ、運動会はなんの役にも立たない。
    君は準備をしたか? 準備した自分に自信を持とう。
    君は応援をしたか? みんなで勝ちとる勝利が大切。
    「2団はいいなあ」と思える合同運動会であった。
    でも、もっと頑張ろう。

    「5ヶ団合同運動会」に他の写真もあります。
  14. 05月16日 13:04
    糸瀬幹大君入隊する

    5月14日(日)第44回合同運動会が開催される泉丘小学校で、BVS隊の入隊式を行いました。糸瀬幹大君は、練習の成果を発揮し、大きな声でしっかり「やくそく」を言えました。このあと運動会でも団対抗リレーの選手として活躍し、幹大君の思い出に残る一日になりました。これからも楽しく遊んでください。
  15. 05月9日 18:30
    1泊キャンプ報告
    今回のキャンプは、年間プログラム計画時に班長・次長(グリーンバー、以下GB)が「夏キャンプまでに新入スカウトに野営技能を教えるキャンプが必要だ!」というところからスタートしています。

    各班GBは、キャンプ前に「新入に野営技能を教えるプログラム」を計画し、前回の春キャンプの経験に加え、GB訓練で技能を再確認し、加えて指導のポイントも確認しました。

    今回は合同班として福川、中川萌実をGBとし、新入4人を率いて今回のキャンプに臨みました。
    新入はテントや刃物の取り扱い、まき拾いなどキャンプの基礎となる野営技能をGBの指導のもと経験しました。
    福川と中川は初めてのGBということもあり、班運営に苦戦しながらも試行錯誤をしながら新入に指示を出し、班をまとめていました。

    うまくいかない部分もあったと思いますが、いろんな初めてを経験し、成長出来たように思います。

    これから夏キャンプに向けてさらに活動を行っていきます。
    新入が6名も入ったことにより、2班編成になり出来ることも増え、賑やかになったボーイ隊。
    彼らが楽しく、少しでも大きく成長出来るよう指導者も支援していきます。

    これからのボーイ隊にご注目ください。

    BS隊副長 坂口巧朗
  16. 05月07日 07:44
    5月3日〜4日に初谷で、新入スカウトの初めてのキャンプ

    BS隊の初めてのキャンプ。今年は、GWにキャンプをしました。新入スカウト、男子、多人数。天気も最高。楽しいキャンプの始まりです。
  17. 05月07日 07:42
    設営をするぞ、立ちかまどを作った

    テントも難なく立った。立ちかまどだって、立派なものじゃないか。これで、夕食もばっちりかな。
  18. 05月07日 07:39
    朝が来た。朝食の準備だ、頑張れ!

    無事、朝食を食べることができました。さすが、班長。すごいね。
    三角巾を持って、救急訓練なのかな。運動会の担架運び競争は完璧だ?
  19. 05月07日 07:37
    もう、終わり? また来るね。ありがとう。

    撤収作業もスムーズ。閉村式を終えて、「初谷、ありがとう」
  20. 05月05日 09:00
    大型工作物作成プログラム
    ベンチャー隊の吉田です。

    5月4日、ベンチャー隊は、大型工作物作成プログラムを実施しました。
    とはいえ、今日いきなり始まったのではなく、1月より、会議→模型作り→役割分担→設計→練習→修正などなど、繰り返し行い、やっとの事で実施となりました。

    この大型工作物はボーイスカウト活動の中でも最も高度な活動の一つで、もちろん、1人だけでの力では作ることができません。チームでの入念な打ち合わせや練習、役割分担をして設計図手順書の作成、安全対策、必要備品の手配など、やることはいっぱいあります。
    ベンチャー隊では、チーフを中心としてこれらを行い、技能だけでなく、リーダーシップ、チームワークなどを養います。
    今回は、森嶋議長がチーフ、田中佑樹くんが安全係と備品係、中西くんが設計手順係、田中駿伍くんが救急係と伐採係、みんな苦戦しながらも各役割に責任を持って取り組んでくれました。

    結果は、ご覧のとおりです。
    ベンチャー隊のフェイスブックにも掲載しています。ご覧ください!

    この後、評価反省の会議がありますが、
    いったん高3メンバーの大きな活動は、これで一区切りになります。
    これからは、受験勉強と両立しながら、これまでの活動を振り返り、進級関連が中心となります。
    次は、進級のご報告になると思いますので、ご期待ください!
    今後ともベンチャー隊をよろしくお願いいたします!!
  山本まこと君の活躍を本にしました。

「グルメハンター」に参加した まこと君が、ビーバースカウトになりました。
  「まこと、ビーバースカウトになる」

まこと君は、7月の舎営に参加して、ビバレンジャーとして活躍します。
  「まこと、ビーバースカウトを楽しむ」

御感想をお待ちしています。
浜嶋鉱一郎 hama-ko1ro@docomo.ne.jp
かっこいいスカウトになろう

豊中第2団では、隊員を募集しています。
・大きな声を出す
・きびきび行動する
・思いやりの心を持つ
・感謝の心を持つ
 豊中2団は、全員でスカウトを楽しくさせま
す。保護者とともに皆でスカウトを育てます。
日本ボーイスカウト大阪連盟豊中第2団です。

ボーイスカウトは、小学校から成人まで継続して力を蓄
える教育活動です。

◆BVS隊:(年長〜小学2年生)
 遊びましょう。野外、屋外でいろいろな体験をします。

◆CS隊 :(小学3年生〜5年生)
 しつけができるようになります。いろいろな遊びを通
じ、集団に適応できるようになっていきます。カブブッ
ク及びチャレンジ章を履修しながら進歩します。

◆BS隊 :(6年生〜中学2年生)
 班制度で班長、次長等役割を担い、リーダーシップを
育成し、進歩制度で初級から2級、1級、菊章に挑戦し
ていきます。

◆VS隊 :(中学3年生〜高校3年生)
 自主的なプロジェクト活動で、計画、実行、評価、反
省のサイクルを経験します。自団から他の団、日本や世
界の仲間とつながります。進歩は、ベンチャー章、隼章、
富士章に進みます。

◆RS隊 :(大学生)
 指導者として各隊の支援を始めます。

◆成年 :
 指導者としてさまざまな勉強を行い、成長できます。
子供の成長を支える各種の研修があります。